2009年11月01日

まだ無かったの?



バドミントンのシャトルコックです。
ミズノが開発した人工の羽を使ったシャトルです。

http://www.mizuno.co.jp/whatsnew/news/nr091026/nr091026.html

高校時代(40年ほど前の古い話です)
このシャトルの確保には大変苦労しました。
当時1個120円程だったかな、これが早い時には
1度のミスショットでだめになる。
通常1試合に数個使う。
予算に乏しく、すぐ無くなってしまう。

練習用にボンドで補修したりして、苦労したのを思いだす。

水鳥の羽を使うのが一般的で
安い陸鳥(にわとりかな)を使ったのを買ってきたり
(飛び方が違いゲームには使えなかった)
プラスチック製の物が出たといえば使うとかしたが
中々まともに使えるものが無かった。

この商品はまだ初級者用らしいが
これからの改良を期待したい。

いつまでも天然の羽を使って居ることは疑問に感じますよね。

驚きです!今まで無かったんですね。
それだけマイナースポーツだという事かな。
まだまだオグシオに頑張ってもらわにゃね。



同じカテゴリー(スポーツ)の記事画像
さすが!メダリストだね
何人が日本人?
フライング、一発失格!
清原引退!
新井!何思う
貴乃花審判長
同じカテゴリー(スポーツ)の記事
 すごいね (2016-04-01 11:33)
 何とかならんかね (2013-04-28 18:00)
 もう、呆れるね (2012-09-02 15:33)
 さすが!メダリストだね (2012-07-31 13:13)
 PK、やはり変えた方が・・・ (2012-05-27 22:08)
 サッカーの嫌いなところやな (2012-05-20 23:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。