2008年07月24日

役に立つお話



毎日暑いですな!

先日、ベンチャーリンクより役に立つ話(タイムリーな)が
配信されてきましたので、是は皆さんにも有意義なのではと思い
そのまま載せます。(苦情が来たら、削除します)

■夏の冷凍食品の扱い方■
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 暑い夏は買い物もおっくうになりがちだ。そこで活躍するのは冷凍食品。コ
ロッケなどの調理済み食品も便利だが、肉や魚、野菜の素材になる食品は大変
重宝だ。おまけに保存料も使わず、栄養損失も少ない。常備しておけば手間を
かけずに料理ができるが、保存法や解凍方法を誤ると食中毒の原因にもなる。
今回は上手な冷凍食品の扱い方を紹介したい。

 さて、冷凍食品は?18℃以下で保存しなければならない。そうすれば、微生
物は繁殖せずに酸化などの品質劣化は少なくなるし、味や風味も保たれる。し
かし、夏は冷凍庫の開け閉めも多くなりがち。すると庫内の温度が上がって、
中の食品が傷んでしまう。冷凍食品を取り出したときに、中身に氷の粒がつい
ていたら、庫内の温度が高すぎたということだ。劣化はすでに始まっている。

 そうはいっても、家庭内の冷凍庫を?18℃以下に保つことほとんど不可能だ。
だから、冷凍食品は1カ月以内に食べきること。一度開封したものは袋の中の
空気を出して輪ゴムなどで密閉し、1~2週間で食べきろう。つまり、冷凍庫
は“魔法の箱”ではなく“一時保管庫”程度に考えた方がよい。おまけに食品
を大量に入れておくと、庫内温度の上昇にもつながるので、冷凍食品の大量買
いは避けたいところだ。

 ところで、夏場の葉物野菜は高いし、傷みやすい。ほうれん草や小松菜など
は本来の旬(冬場)から外れているので、旬に収穫した冷凍野菜の方が栄養価
が高い場合が多い。さらに、冷凍野菜は8割がた加熱してあるので調理時間も
短くて済む。凍ったまま料理に使える手軽さもいい。枝豆のように自然解凍で
食べられるものさえある。これを常備しておけば、さっと一品追加できるし、
栄養バランスを整えた食卓にできる。

 肉や魚の場合は解凍して使うが、ドリップ(液汁)が出ないように「半解凍
したらすぐに使う」がポイントだ。時間があれば冷蔵庫で数時間置くが、急ぎ
であれば包装のままポリ袋に入れて流水につける。解凍がうまくいくと、料理
も非常においしくなる。

 もう一つ大切なのは買い物するときだ。冷凍食品は最後に買ってすばやくレ
ジに。あとは5枚ほどの新聞紙で外気が入らないようにきっちりと包んで急い
で持ち帰ろう。保冷バックは意外に荷物になるが、新聞紙なら手軽だ。これは
冷蔵の肉や魚でも使える技なので、ぜひお試しを。



同じカテゴリー(さんまや)の記事画像
夏こそ「干物」
訪問者
毎月30日は・・・・
知人の家が陸前高田市だ!
さんまの日
「父の日」特集
同じカテゴリー(さんまや)の記事
 夏こそ「干物」 (2013-07-11 22:40)
 訪問者 (2012-06-04 15:36)
 毎月30日は・・・・ (2012-05-29 22:42)
 川村龍一氏、死去 (2012-05-27 22:16)
 あしなが育英会 (2012-03-25 14:11)
 頑張れ!イチロー (2011-09-15 10:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。